全ては仮説と検証

Webに関する集客などの悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

こけしブーム?こけしのWeb戦略を考えてみた

f:id:q2e2d2:20170518095015j:plain

 

昨日、飲み会の席で、こけしがブーム?みたいな話になった。

 

もし、こけしのWeb戦略を頼まれたら、どうするか考えてみた。

 

まず、こけしは本当にブームになっているのか、調べてみた。

 

第三次ブーム!こけし好き女子、通称こけ女が急増中。全国こけし祭り情報も!

「仙台弁こけし」も...2017年「こけしブーム」が東北から到来?

たしかに、そのような記事もあった。

 

では、全体的に、こけしの検索が増えているのか調べてみた。

調べる時はGoogle trendを用いた。

f:id:q2e2d2:20170518095325p:plain


実際のところ、検索キーワードの検索自体あまり爆発的に増えていない。


少区域別のベスト5をみると


1位: 宮城県
2位: 青森県
3位: 福島県
4位: 山形県
5位: 岩手県

 

という結果になった。

やはり、こけしは印象通り、東北が強いなと。

 

実際の検索数をキーワードプランナーで見てみると

f:id:q2e2d2:20170518100304p:plain

 

意外と、検索ボリュームが多く月に100万〜1000万検索されていた。

 

ライバルの広告をみると、あまり広告がない。

 

あまり広告がない場合、考え方が二つあって、

 

  • そもそもの市場やニーズがない
  • ライバルがやっていないからチャンスと捉えるか

 

伝統的なものなので、Web戦略をあまりやっていない可能性はある。

 

基本的にライバルがいたほうが、Webサイトは伸びやすいと思っている。

 

ライバルのいいところを参考にしつつ、自分の持っている強みを出していけばいいので。

 

一旦、マネタイズを考えず、いかにして記事が見られるのかを考えてみる。

 

コンテンツを作っていくのであれば、こけしの中にもいろいろな種類があるので、よく検索されているキーワードから、記事を作っていく戦略をとるかなと。

 

例えば

かわいい こけし など、よく検索されているので、

かわいいこけし、ベスト5みたいなタイトル記事を作っていくのがいいのかなと。

 

一旦こけしから離れて、外国人が喜ぶお土産

 

など。

 

Web戦略をたてるとき、人の悩みはお金を落しやすいです。

  • 病気
  • 結婚

など

 

嗜好品はなかなかお金を落しづらいです。

他にも、予防系はお金を落しづらいです。

 

今、困っているわけではないので。

 

そういう意味では、こけしのWeb戦略は長期的に、仮説と検証を繰り返していかないといけないなと。

 

本の出版で一発屋にならないためのWeb戦略

夢の本の出版が決まった!!しかし、その後、この1冊書いた後、続かず、仕事にも困っている人がいる。

 

その一方で、本を1冊書いただけなのに、何年も全国を飛び回り、コンサルやセミナーで引っ張りだこの一がいる。

 

この違いは何だろうか。

 

ちょうど、二人とも知り合いだったので、遠回しに聞いてみたり、調べてみた。

 

ホームページやブログを見ていると、

 

一発屋の方は、本の出版までは、ブログを多く更新していた。ただ、その後、更新はほとんどなかった。

 

引っ張りだこの方のブログを見ると、更新頻度が高く、ホームページやブログやメールマガジンなど全てをうまく活用していた。

 

独立して、重要なのは、営業。営業が全てと言っても過言ではない。

 

ただ、営業には、時間が取られる。

 

一発屋の方は書籍出版後、忙しくなり、それなりにセミナーなどがあり、全国を飛び回っていたのだけれども、その結果、営業する時間が全くなくなってしまった。

 

だからこそ、依頼も尻窄みになってしまったと反省していた。

 

引っ張りだこの方は、うまく、ホームページやブログを使って、自分自身の分身を作っていると言っていた。

 

だからこそ、忙しいときは、まずホームページやブログの更新の時間を取るとも。そして、ブログやメールマガジンで発信し続けることで、信頼を深めていると。

 

結局、独立して、長く仕事をしていくためには、常に情報を発信し続けることが大切なのだなと。

 

このような事を書くと、当たり前なことなのですが、当たり前の事を当たり前のようにこなしていかないと、結局尻窄みになってしまう。

 

Webはすごい。どこかで、ちゃんと見ている人がいる。

 

全くみてなさそうな人が「あの記事良かったね」と言ってくれることもある。

 

そういう事を言われると、少しでも人に役立つ記事を書こうという気持ちになる。

アメブロを持っている方へ。URLをhttps://にして、確認してみよう。プラグインとか大丈夫?

 

www.it-souji.com

 

過去に書いた記事。

 

http://ameblo.jp/◯◯◯/

https://ameblo.jp/◯◯◯/

 

にして、自分のブログを確認してみよう。

 

今現在、httpでもhttpsでも、どっちでもアメブロは使える。

 

将来的に、https://しか使えなくなる可能性が高いので、今のうちから、プラグインとか画像とか、表示されるのか、確認しておこう。

 

表示されていないものがあったら、対応策を考えよう。

 

使える、プラグイン、使えないプラグインは過去記事を参照してください。

藤井聡太四段がメディアを騒がしていることに思うこと。

私の趣味の一つが将棋。

 

私の母まで、藤井四段の事を知っていたことにびっくりした。

 

今の将棋の名人は誰か?という質問に多くの人は答えられないだろう。


ちなみに、羽生さんではない。羽生さんは、今現在、名人と竜王以外のうち、タイトルを3つ持っているので、羽生三冠と呼ばれている。

 

答えは佐藤天彦名人、貴族と呼ばれている男である。

 

さて、話を戻すと、藤井聡太四段はトッププロを相手に、快進撃を続け、デビューから、現在16連勝中。

musako22.hatenablog.com

 

非公式戦ながら、羽生三冠、佐藤康光九段(現在の会長)、深浦九段というA級棋士(将棋界の中でトップ10人)を撃破しているのがすごい。

 

野球でいえば、高校1年生がプロ相手に、完封勝利しているような感じ。
羽生三冠以上の天才はもう出てこないと思っていたら、びっくり。

 

棋譜(どっちが勝ったか、どういう将棋だったのかがわかる記録のようなもの)も見ていますが、終盤ほぼ間違えないので、それが本当に凄いなと。

 

藤井聡太四段が負けた棋譜を見ると、序盤、中盤で、差が出てしまったものが多い。

 

藤井聡太四段に勝つには、終盤までに、リードを保てるかどうか。それぐらい、終盤が強い。

 

指せば指すほど、強くなっている。そして、何よりも謙虚。普通の14歳、15歳なら、調子に乗るだろう。

 

「羽生さん?正直残念でした。。。」とか、そんな事一切言わない。

 

世間が騒いでいても、勝負が始まれば、目の前の一手一手に集中している。

 

将棋界は、去年、暗い話題(スマホ不正問題)があり、それが世間を賑わしていたので、明るい話題は大歓迎。

富士五湖118kmの後遺症で早起きに。

f:id:q2e2d2:20170423185620j:plain

 

www.it-souji.com

 

第27回富士五湖118km無事に完走することができました。

 

その代償として、3日目ですが、

左アキレス腱が腫れててまだ痛い。

マメが潰れて剥がれて、むき出し状態なので、歩くために激痛。

 

1日目、2日目は歩くのすら、困難でした。

ようやく、少し歩ける状態になりました。

 

あと数日は回復第一優先で、歩きをメインにしたいと思います。

足以外を鍛えるいい時期なのかもしれません。

 

また、富士五湖118kmは朝4時スタートだったので、どうも、朝早く起きてしまうようで、3時ぐらいには目が覚めてしまいます。

 

当分は早寝、早起きな生活になりそうです。

第27回富士五湖118km完走しました。72km地点でリタイア未遂

f:id:q2e2d2:20170423185620j:plain

写真をみると、ボロボロですね。

 

マラソンをして、はじめて涙があふれたのは、はじめて100kmを完走をした、
富士五湖100km。

 

当時は、去年サロマ湖100kmを40kmでリタイアし、もう一生、100kmは完走できないのではないかと、絶望していました。

 

当時は毎回、30kmで膝を痛めてしまいます。膝は基本的にはトレーニングがあまりできない部位なので、厳しいなと。ずっと悩みながら、トレーニングや走り方のフォームを変えて、臨んだので、格別に嬉しく、涙があふれました。

 

その後、100kmや砂漠を走りましたが、涙はでませんでした。感動はしましたが。

 

今回、最初の20kmは非常に調子がいいなと思ってました。

 

最初の時、Hさんにも会うことができました。仮装して、走れちゃうのが本当にすごいなと。

f:id:q2e2d2:20170423045805j:plain

 

悪くても、60km地点まではサブ10を目指せるぐらいのペースにはなるだろうと予感していました。遅くても100km11時間ぐらいになるかなと。

 

結果、最悪で、よく完走できたなと。

 

10km地点で、靴のソールが一部壊れた。後々、アキレス腱の腫れや膝の痛みやマメが両足に4つでき、ソールが壊れた部分のほうの足は、マメが潰れてぐちょぐちょでした。

 

約15km地点に服を脱ぎ捨てるサービスがあり、脱ぎ捨てました。


これが最悪の結果を及ぼし、走っていても、風が冷たく、体温が上がらず、体が全く動かない状況になりました。日中、もう少し温かくなる計算がハズレでした。

 

低体温症の二歩ぐらい手前ぐらいな感じでした。

 

そんなことがあり、30kmから40kmのラップで既に1時間10分。
40kmから50km地点では、72kmに挑戦した、仲野整体の仲野さんに会うことができました。

 

走りながら、いろいろと雑談し、並走することで、1時間3分まで、戻しました。

 

最終的に制限時間を考えると、ここで仲野さんに会えたのも、運が本当によかったと思います。

 

ついていけなくなり、1時間27分とかなりの時間がかかっています。
そして、とうとう、60kmから70km地点では、1時間36分もかかっています。

 

頭の中で計算して、このままのペースでは、全く完走できないので、72km地点でリタイアを決意。


不思議で、70km地点で、100kmにエントリーしていれば、あと30kmだから、頑張ろうという気持ちになるのですが、118kmだと、まだフルマラソン以上の距離が残っていると思うと、心が折れました。

 

ちなみに、電話で妻にリタイアするわーと言っておいたので、妻が次の日、完走したことを知って、少し驚いていました。

 

そして、次のエイドで、リタイアの申告したら、ここはバスが来ないので、次の大きなエイドでリタイアしてくださいと言われました。

 

しょうがなく、あと3km移動したのですが、制限時間が30分余ってました。


リタイアしますと言ったら、まだ、時間があるし、多少元気そうだから、本栖湖一周すれば?と言ってくれたので、そんなものかと思って、走り始めました。一周なので、同じエイドにたどり着くことができます。

 

とはいえ、走り始めた時、エイドから、どんどん離れていく自分。

・非常に辛い状況なのに走っている自分
・今のペースでは完走できないという辛さ
・リタイアするのも本栖湖1周しないとどうしようもできない感じ。


様々な感情が湧き出て、もう、戻るのも大変だと思った時、自然と涙がでてきました。サングラスをしているので、他の人にはわからないとは思いますが。

 

とはいえ、このエイドが分岐点で、自分の荷物を置くことができました。
夜に備えて、上着を入れておいたのが、本当によかったです。ここから、普通に汗をかくことができ、徐々にペースを元に戻すことができました。

 

90kmから100km地点は1時間7分までペースをあげることができました。

 

98.9km地点で、関門6があるのですが、流石に100km走ってリタイアとか、もったいなさすぎるだろうという欲にかられ、そして、ここで、完走できそうだなと感じました。

 

とはいえ、もうこの地点で、左足のアキレス腱が腫れていました。アキレス腱って腫れることをはじめて知りました。

 

残りは、時計を見ながら、完走タイムに遅れないように、計算し、ほぼ歩き、走るのは極力避けながら、なんとかゴールにたどり着きました。

タイムは最終ゴール5分前でした。

 

寒い中、一緒に走った宮崎さんと仲野さん家族が出迎えてくれました。
本当に心から、感謝いたします。感動して、ついウルウルと。。。ありがとうございました。

 

次の日、、、もう全く動けませんでした。過去最高に、ボロボロです。
洗濯物を干すのも一苦労です。アキレス腱は大事にしないといけません。。。

 

普通に何度も、弱気になり、一度は完全に諦め、でも最後はなんとかたどり着き、
本当に不思議な境地です。もし、その場でリタイアできてたら、確実にリタイアしていたわけで。。。

 

100km以上のレースは何かしら、絶対に起きますね。何もないことはまずない。その中で、どうやりくりするかが、100km超の楽しみ方なのだと思います。今まで、制限時間を気にしたことなんて、なかったのですが、今回は、逐一確認しました。

 

もう2度と走りたくないと思っていたのですが、誘われたら、また次走ろうと思います。

 

 

ZOZOTOWN「ツケ払い」で滞納に陥る若者ー良い借金と悪い借金

『人気ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が昨年11月に始めたサービス「ツケ払い」で、代金を滞納する若者が相次ぎ問題となっている。』

headlines.yahoo.co.jp


より引用

 

この記事を見て驚いたが、これが現実なのかと。

 

分割払いや高利で借りるのが、正直あまり意味がわからない。


後で、返さないといけない。それも、買ったよりも高い金額で。

 

世の中、良い借金と悪い借金がある。

 

良い借金は、投資が絡んでいるもの。
借りた以上のお金が作れる可能性があるものは良い借金だと思っている。

 

ただ、その可能性に関しては、人それぞれ、リスクを取れる限界があるので、それは要相談しなければならない。

 

人によっては、数億借りれる人もいれば、数百万円借りるだけでいっぱいいっぱいの人もいる。

 

良い借金は、例えば仕事のために、Macを買う。我慢して、先送りするよりも、すぐに技術を学んだほうがいい。学校などもそうだ。

 

もし、資格などをとって、この分野で稼ぐと決めたら、とっとと、借金をしてでも、前に進んだほうがいい。

 

反対に悪い借金は、浪費だ。服とかの嗜好品やギャンブルなど。


ギャンブルは確率論。プロでないかぎり、手を出さない、または、負けても良い範囲で、負けておくのがよい。

 

気軽に支払いは、後回しにしてはいけない。いろいろと学ぶ、いいニュースだと思う。

 

私の子どもにはこのあたりの事はしっかりと伝えたいと思う。