読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては仮説と検証

Webに関する集客などの悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

昔はクソなサイトでも検索エンジンで上位表示された。現在は。

ザック(雄大)です。

 

昔はクソなサイト(内容が何もない)でも簡単にグーグルやヤフーからの検索エンジンの上位に表示させることが簡単でした。

 

それはどのような手口でしょうか。

 

例えばAというダメダメなWebサイトがあったとします。

例えば、他にBサイトからEサイトまで作って、リンクを貼る方法です。俗にいう、外部リンクです。 

f:id:q2e2d2:20140925172046p:plain

昔はこれで良しとされていました。

しかし、現在は、ペナルティ(最悪、グーグルやヤフーから表示されなくなります)を受ける可能性があります。相互リンクや外部リンクが良いと思っている方は大間違いです。

 

では、現在はどうすればいいのでしょうか。

 

魅力的なサイトは自然に認知が広がります。下記はグーグルの公式見解です。

良いコンテンツに出会ったユーザーは、掲示板やブログに書いた
り、SNSやメールなどを利用したりして、コンテンツを他のユーザ
ーに紹介することが考えられます。

 

そのような自然発生的な紹介や口コミこそが、ユーザーとGoogle
の双方において、サイトの評価を高める要素となります。

 

しかし、自然発生的な紹介や口コミは、サイトに質の高いコンテンツがなけ
れば、そもそも起こりえないものなのです。(Googleが公式に出している検索エンジン最適化スターターガイドから引用)

 

検索エンジンも日々進化しています。人工的、リンクをたくさん貼って、サイトの質が高そうに感じさせる。これも、最近の検索エンジンは見破ってきます。

 

結局は、良い記事を書き続けることにフォーカスしたほうが長期的にもいい気がしています。

 

【編集後記】

SEO業者に頼んでいる方はSEOって、具体的にどのような施策を打っているかちゃんと把握して、ほんとうに、その施策をしているのか、確認したほうがいいですよ。せっかくお金を払っているのにも関わらず、何もやっていない業者や、間違ったSEOをやっている業者はまだまだいます。

 

IT掃除道のメールマガジンを毎週火曜日、発行しています。このブログでは書いていない情報をまず、こちらのメールマガジンからのせています。ぜひご登録ください。

f:id:q2e2d2:20140818131708g:plain

 

 

良い記事だと思ったらクリックをどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

 


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ