読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報活用・プログラミング教育研究所

企業内でのWebやITに関する悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

Web広告のまとめ6選

ザック(雄大)です。

 

Web広告の種類6つまとめてみました。

  1. リスティング広告
  2. アフィリエイト
  3. 純広告
  4. メール広告
  5. Facebook広告
  6. プレスリリース

 

1.リスティング広告

主に2種類。

 

検索連動型

GoogleやYahoo!などの検索結果に応じて、出る広告。

例えば、掃除という検索キーワードに対して、ハウスクリーニングなどの業者の広告がでるようなものです。

 

コンテンツマッチ型

ホームーページやブログと似ている広告が自動的に表示されているものです。

 

2.アフィリエイト

A8.netなどの提携アフィリエイターを中心に掲載される広告。

サービスによって、値段は変わりますが、成果報酬+システム利用料がかかります。

 

3.純広告

期間と掲載枠を指定して固定費用を支払うWeb広告です。

大手の会社はYahoo!などポータルサイトに出したりします。

下記写真の右側の赤枠の部分になります。

最近だと、進化していて、ログイン後のユーザの属性に応じて、コンテンツの表示、非表示など選べたりもするので、出稿する場合はそのあたりも考慮しておくとよいでしょう。

f:id:q2e2d2:20141002125730p:plain

 

4.メール広告

まぐまぐや、楽天のポイントメールなどがこれにあたります。

同じメールでも、読者が全然違ったりするので、出稿する際は本当に広告の内容とターゲットが合っているか確認すると良いでしょう。

 

あとは、通数だけで、金額が決まる場合もあるので、要注意です。

どれぐらい、開封率があるのかも教えてもらいましょう。

1万通送っても、開封率が1%の場合、100人にしか見てもらえません。

逆に1000通でも、開封率が20%であれば、200人に見てもらえます。

 

5.Facebook広告

Facebookの右サイドにのっている広告やウォール上に流れてくる広告になります。

クリック課金型で、ユーザの属性を細かく設定できるのが強みです。

 

6.プレスリリース

安いところは1万円程で出せるところあります。

ただ、出しただけでは、あまり認知されません。

 

しかし、このプレスリリースを見て、関心をもったメディア、例えばYahoo、Livedoor、ITmediaなどが取り上げてくれると、一気にアクセス数が増えたりします。

 

一つ、注意点として、広告を出したあとは、極力、計測をしましょう。

広告料がいくらで、何人が購入してくれたかなど。

 

テレビや新聞などの広告と違って、計測ができるというのがWeb広告の最大の強みです。

 

この本、かなりいいので、オススメ。

 

現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

  • 作者: 松尾茂起,柿内ひとみ,住太陽,寿倉歩,伊藤富雄,妹尾ゆう,伊藤陽介,鈴木良太,坂巻隆之
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2013/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

  • 作者: 松尾茂起,柿内ひとみ,住太陽,寿倉歩,伊藤富雄,妹尾ゆう,伊藤陽介,鈴木良太,坂巻隆之
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2013/05/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

IT掃除道のメールマガジンを毎週火曜日、発行しています。このブログでは書いていない情報をまず、こちらのメールマガジンからのせています。ぜひご登録ください。

f:id:q2e2d2:20140818131708g:plain

 

 

良い記事だと思ったらクリックをどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

 


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ