読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報活用・プログラミング教育研究所

企業内でのWebやITに関する悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

好奇心を“天職"に変える空想教室を読み、起業後に仲間の大切さを知った話

書籍

最近の自分を代弁しているような言葉だったので、紹介します。

空想教室 植松努著より引用。

『ちゃんとするということは、人に迷惑をかけないことだと思いました。
迷惑をかけないためには、人を頼らなければいいんだろうと思っていました。

だから、ぼくはなんでもひとりでやるようになりました。
たいていのことは、自分でやったほうが早いです。自分でやった方がうまくいく気もします。
だからなんでもひとりでやりました。
でも、ひとりでできることには限りがあります。

ロケットはひとりでは作れません。どうしても他人の力を借りることになります。
すると責任がうまれます。面倒くさいです。

でも、ぼくはロケットにかかわって大事なことに気づきました。

泣くほどのうれしさを得るために、最も大事なのは「責任を持つ」ということです。
本当の仲間たちは、「責任」の向こう側にしかないからです。

〜中略〜
やるといったら、最後までやりきるしかない。
まかせるといったら、最後までまかせるしかない。』

 

 

起業してから、早、2年以上が過ぎました。

 

2年もたつと、良いことも苦しいこともたくさんあります。

 

そして、どんなに頑張っても超えられない壁がやっぱりでてきました。

 

普段、人に頼るなんて、貸しをつくるみたいで、絶対に嫌だったのですが、
それでも、自分一人では、もう無理だと思い、断腸の思いで人に頼ってみました。

 

正直、自分自身、ネガティブな話とか嫌いなので、そんな話をしたら、自分のまわりの人が逃げていくのではないかと、不安でした。

 

でも、結果として、問題点を明確にしてもらったり、助け舟をだしてもらったりしました。

 

本当に助かりました。

 

今後、直感ですが、自分自身を高めるための努力を継続的にしつつ、かつ、苦手な分野を補完するチームを作り、責任を積極的に背負っていけば、何かしら、大きなものが得られると思っています。

 

 

好奇心を“天職

好奇心を“天職"に変える空想教室