読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報活用・プログラミング教育研究所

企業内でのWebやITに関する悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

ブログ中心のほうがTwitterやFacebook中心で書いている人よりも成功しやすい。

IT 日記

最近、初心に戻って、いろいろな人のFacebookやブログを見ています。

私自身、10年以上ブログは続いているので、あの人は何もなかったのに成功しているとか、過去は華々しいにも関わらず、衰退していたりするのがわかります。

 

仮説なのですが、ブログを書いている人のほうがTwitterやFacebookを書いている人よりも成功しやすいのではないかと思っています。

 

明らかに、過去に比べて、ブログを書いている人のほうが文章がうまくなっているのです。


よくよく考えてみると、

 

・Twitterは140文字の制限がある。

・Facebookは内輪ネタになりやすい。
・ブログは不特定多数の人が見るため、わかりやすさを心がける。そうすると、文章量が自然と多くなる。

 

その積み重ねを見ていると、結果的にブログを書き続けている人が生き残っているように見えます。

 

ブログに関して、もう少し掘り下げて考えていきます。
最近のGoogleの検索エンジンの結果を見ていると、コンテンツ重視の傾向がかなり強いという印象が強くなっています。

 

一時期は、更新頻度が重要視されていました。
それなりの記事でも、読まれていましたし、更新通知などもくるような設定にできていたので、更新すればするほど、多くのページが見られるようになります。

 

ただ、最近は、そういう記事に関しては、Googleからの検索にあまり表示されなくなってきた印象があります。このあたりもコンテンツを重視されているからでしょう。

 

これだけ、ホームページやブログが書かれているのが当たり前になってきて、ページが膨大に増えたからこそ、その中で上位表示されるには、それなりの時間と手間をかけなければならないと思っています。

 

これは、私の人気記事もそうですし、他の方の人気記事を見ても、普段の日記のような記事はやはり、この人気記事の中には入ってきません。

 

そんな事を考えていると、今後もブログを書き続けようと思いますし、何かしらの専門家の方で、インターネット上で、お問い合わせが欲しい場合などは、ブログを勧めたいと思っています(結果的に、いろいろな物を組み合わせますが)。