読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報活用・プログラミング教育研究所

企業内でのWebやITに関する悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

歩く勇気。ハーフマラソンで5回歩いたけれど、自己ベストを出した話

マラソン 日記 Life

1年ぶりのハーフマラソンに大会に参加してきました。

 

参加した大会は荒川・戸田ハーフでした。

 

練習量は、去年の半年から今年の1月までは、毎月30kmも走れない時が多く、2月で200km超,3月で100km超という練習量でした。

 

今年は6日間550kmの飛脚というレースを走ります。
そのために、4月に富士五湖100kmに挑みます。

 

6日間で550km。

 

これは、私の実力では、どうしようもない、距離だったりします。そこで、私は直感的にこれが良いと思った練習を取り入れています。

 

今回は久々のレース、またハーフマラソンなので、いろいろと試せると思い、実際に試してみました。

 

今回のレースで試したものは二つ
1.ウォークブレイクを用いる。
2.ビブラムシューズ(クッション性のない靴)を使ってのランニング。

 

今回はこのウォークブレイクについて、お話をしたいと思います。

ウォークブレイクとは歩き休み。1998ロッテルダム・マラソンでファビアン・ロンセロは途中、このウォークブレイクを数回入れながら当時世界記録2:07:26で走っている。

http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-4f80.html
より引用。

 

そして、効果は

筋肉疲労をレース中に回復させ
筋エネルギーの枯渇を防ぎ
オーバーペースを防ぎ
故障を防ぎ
リカバリーも早める


http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-4f80.html
より引用。

 

特に、私はフルマラソンや100kmマラソンのような長い距離を走ることをメインとしてます。

 

そして、常に心がけている事が、いかにして、練習をせず、いかにして、速く走れるかということを意識しています。

 

また、富士五湖ウルトラを出た時に、車が通る時に、足止めを食らったり、していたが、意外に休憩ができてよかったなと感じた経験。

 

トレイルランで、写真を撮って、立ち止まったりしていたほうが、余裕があるのか、最後まで足が残っていたりしていた時がありました。

 

だからこそ、試してみる価値があると感じました。

今回、実験したこと。

 

4kmに1度10秒程歩くこと。合計で、5回程歩きました。

 

これ、実際に試すと恐怖に駆られます。

 

なぜなら、

マラソンは常にイーブンペースで走らなければならない!!

絶対に歩いてはいけない!!

 

それが、常識だと考えている人が多いと思います。

 

私も後半ペースが落ちない限りはこの理論を実践していました。

それに疲れていないのに、歩くという行為が自殺行為に思えてなりません。

 

普通の人にとって常識的な事、意外をやることは、勇気がいります。

 

今回でいうと、歩く勇気です。私の中の価値観を壊さなければなりません。

 

実際、試す前は、半信半疑でしたし、さすがにふざけすぎかなと思いました。
ただ、これはあくまでもハーフマラソンで、練習なのだから、トライすることが重要だなと。

 

実際に試して、私の感覚としては、当然、歩いたら、抜かれます。

ただ、ウォークブレイクをしても、数分後には追いついていました。

 

後半は、相手のペースが落ちているので、すぐに抜き返す事も可能でした。

結果として、練習量が少ないわりに、自己ベストを更新しました。

 

1時間35分35秒。

f:id:q2e2d2:20160402121054j:plain

人によって、このタイムが速いと思う人もいれば、遅いという人もいると思います。

ただ、一つだけ自信があるのは、練習量は少ないほうだと思います。

ゴール後、私より、少し後にゴールした人が、私が、変な走り方をしていたので、声をかけてくれた方がいました。

 

「月間何キロ走っているのですか?」
「どんな練習をしていたのですか?」
「歩いていたのに意味はあったのですか?」

 

その方は月300km程走っているようでした。

ただ、練習をしていても、タイムが伸びていないと言っていました。

その話を聞いた時に、私は、他の人と何が違うのかということを考えたときに、一つのキーワードが「変化」だと感じました。

 

今回の変化はウォークブレイクで、ハーフマラソンで、歩いたり、走ったりを繰り返していました。

 

練習も、ただアスファルトを走るだけでなく、トレイルを取り入れたりなどしていました。

 

それがよかったのかなと思っています。

こうやって、実際に試してみると、ただ走るだけでも、奥が深いなと感じました。

 

皆さんも、ぜひ、一度ウォークブレイク試してみてはいかがでしょうか。