読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては仮説と検証

Webに関する集客などの悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

なんとなく漠然と起業したいと思っている時に読むと良い記事

 起業をする前、そして、してからたくさんのいろいろな事が起こります。

 

aoyamahanako.com

 

この中に、起業したいと思った人が陥りやすい10つのパターンというのがあります。

最初の一つ目にはこんなことが書かれています。

1)起業をこころみるが、ほとんど行動しないまま終わる(やれたらいいなレベルの情熱しかないのでスクール等で学んで満足する)

 やっぱり、まわりを見ていると、こういう人がほとんどです。

 

あと、私が犯した間違いとしては

7)ブログでアクセス数を多く集めたり、イベントに数百人集めたりするが、キャッシュポイントがないので、マネタイズできない

 このあたりが当てはまっています。

 

ボソッといいますが、個人や少人数で会社を起こしている時、本当に忙しい人は、あまりブログやホームページのデザインや更新をあまりしていない人がいます。

 

これ、何故かと言うと、仕事がたくさんくればくる程良いと思っていますが、実はそうではありません。

 

仕事の量をある程度、調整しないと、ひどいことになるケースもあります。

 

aoyamahanako.com

「自分の居場所はここでいい」
「自分は自分のままでいいんだ」

 結局、あれこれやっても、最終的には、ただやるべきことをやること。

そうすれば、自然と、見つかると信じています。

  

keiei.freee.co.jp

 だいたいの起業家はいいことしかいいません。

 

格好悪いことなんて、書きません。

 

だからこそ、こういう記事が起業の本質だと思っています。

 

目覚めとともに恐怖に襲われるんですよ。「こんな状態が続いてこれから生きていけるのか、生活をどう維持しよう、計画中のサービスは穴だらけでとても世に出せる代物ではない…もうダメだ…」ってマイナス思考になります

 

このあたり、すごく共感してしまいました。