読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては仮説と検証

Webに関する集客などの悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

夏場のランはかなり危険

www.it-souji.com

 

上記のレースに出てきます。

そのために、日中、炎天下の中10km程走ってきました。

 

結果は、即効で熱中症になりかけました。

10kmだったので軽傷でしたが、余程対策しないといけないでしょう。

 

原因として、お金を持って行ったので、半分程走ったところで、500mlの水を買って補給したのですが、全く足りなかったみたいです。

 

また、塩分はどんどんでていきます。

 

過去にサハラ砂漠を走った時は、お水と、塩のタブレットを渡されました。塩の固まりのようなものです。

 

それぐらい塩を摂取しないと、簡単に熱中症になってしまうなと。

 

炎天下のランニングでの塩分不足をもっと真剣に考えるべき | 月間走行距離なんて知りません

 

このサイトがとても、参考になったのですが、1時間で塩分が5g失うとすると、仮に6時間走ると30gも失う計算になります。

 

この塩をどうやって、おぎなっていくか。

それが、飛脚の一番の勝負ポイントなのかもしれません。