全ては仮説と検証

Webに関する集客などの悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

PVだけに目が行き、経営者がブロガーから学ぶと害になる。

f:id:q2e2d2:20160713174746j:plain

ブロガーは基本的に、ブログのアクセスを稼ぎ、広告を貼って、生きている人を指す。

他に、セミナーやコンサルティングをやっているケースもあるけれども。

 

とにかく、月数十万から数百万PV(PVは何回読まれたかという意味)はないと基本的には生活できない。

 

最近、思うことがあって、ブロガーになりたい人はブロガーから学ぶことはとても有効だと思っている。

 

やはりその道のプロに学べばいい。

 

ただ、ブロガーになるつもりはないけれど、自分の広めたい何かがあって、
なんとなく人が集まるノウ・ハウを身につければいいなぐらいに思っていると失敗する。

 

そもそも、何かを書くことがミッションであったり、苦にならない程好きでないと、ブロガーにはなれない。

 

また、ブログで生計をたてようと思ってない人が、ブロガーに習って、月に1万PVを超えたとしても、失敗するだろう。

 

ブロガーはその時々の情報に敏感で、旬で注目を浴びやすい情報をどんどん出していく。人によっては月100記事を超えることもある。

 

それはそれですごい。

 

ただ、それは、ブロガーというプロだからこそ、月100記事以上あげる必要があったりする。


または記事数が少なくても、取材や調査にすごく時間がかかっているからこそ、価値のあり、人に読まれる記事を提供できると思っている。

 

なぜ、こんな事を書いたのかというと、私自身も失敗しているからである。

過去に、ある一つのブログが1日2万PVまで到達したことがある。


ただ、生み出されたお金は0円だった。

 

とにかく、人に見てもらいたい。だから頑張ったし、達成感もあった。
だけれども、それだけで終わったという残念な結果だった。


ただ、注目を浴びたいだけ。

 

他に、ある1ページのコンテンツを作ったことがあり、それにWeb広告をあてたときがあって、少額の広告だったので、1日20人ぐらいしかみてくれなかったのですが、お問い合わせは1日1件、それも1商品5万円以上の単価の物でした。

 

それが売れたのは、その時、困っている人がいて、すぐにでも、そのお困りごとを解決したいという人がいたからだと思っています。


まぁ、そんな良いことは長く続かず、競合他社が一気に増えたので、その商品は1ヶ月もすれば、ピークが過ぎてしまったのですけど。

 

何言いたいかというと、他の人の持っていない何か、オリジナルの商品を持っていて、
世の中その商品を探している人いる場合は、真摯に、その人に対してのお悩み解決の記事を書いていけばいいなと。

 

PVは多いことにこしたことはないけれど、悩んでいる人は、検索し、見つけてくれます。

 

PVとかだけに目がくらむと、全く関係ないことをバンバン書いてしまいます。
例えば、芸能界ネタとか、リアルタイムに起きていることを書くとわかりますが、本当に簡単にPVあがります。

 

ただ、虚しくなります。それが好きでない限り。

 

まとめると、ブロガーはブログを見てくれることが目的でもあるので、それをすごく大切にします。

 

ただ、経営者はブログを見てくれる事が目的か?今一度問い直す必要があるでしょう。

 

これ、同じことがFacebookとかにもいえて、友達上限の5000人います!!っていう人は、まずその5000人の顔写真を見てもらって、名前を言う問題があれば、まずその中の1/10も名前と顔が一致しないでしょう。そして、億万長者かと言われたら、意外と違う人も多いです。