読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報活用・プログラミング教育研究所

企業内でのWebやITに関する悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

ZOZOTOWN「ツケ払い」で滞納に陥る若者ー良い借金と悪い借金

『人気ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が昨年11月に始めたサービス「ツケ払い」で、代金を滞納する若者が相次ぎ問題となっている。』

headlines.yahoo.co.jp


より引用

 

この記事を見て驚いたが、これが現実なのかと。

 

分割払いや高利で借りるのが、正直あまり意味がわからない。


後で、返さないといけない。それも、買ったよりも高い金額で。

 

世の中、良い借金と悪い借金がある。

 

良い借金は、投資が絡んでいるもの。
借りた以上のお金が作れる可能性があるものは良い借金だと思っている。

 

ただ、その可能性に関しては、人それぞれ、リスクを取れる限界があるので、それは要相談しなければならない。

 

人によっては、数億借りれる人もいれば、数百万円借りるだけでいっぱいいっぱいの人もいる。

 

良い借金は、例えば仕事のために、Macを買う。我慢して、先送りするよりも、すぐに技術を学んだほうがいい。学校などもそうだ。

 

もし、資格などをとって、この分野で稼ぐと決めたら、とっとと、借金をしてでも、前に進んだほうがいい。

 

反対に悪い借金は、浪費だ。服とかの嗜好品やギャンブルなど。


ギャンブルは確率論。プロでないかぎり、手を出さない、または、負けても良い範囲で、負けておくのがよい。

 

気軽に支払いは、後回しにしてはいけない。いろいろと学ぶ、いいニュースだと思う。

 

私の子どもにはこのあたりの事はしっかりと伝えたいと思う。