読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては仮説と検証

Webに関する集客などの悩みを解決。情報活用・プログラミング教育が専門、佐藤雄大のブログ

こけしブーム?こけしのWeb戦略を考えてみた

f:id:q2e2d2:20170518095015j:plain

 

昨日、飲み会の席で、こけしがブーム?みたいな話になった。

 

もし、こけしのWeb戦略を頼まれたら、どうするか考えてみた。

 

まず、こけしは本当にブームになっているのか、調べてみた。

 

第三次ブーム!こけし好き女子、通称こけ女が急増中。全国こけし祭り情報も!

「仙台弁こけし」も...2017年「こけしブーム」が東北から到来?

たしかに、そのような記事もあった。

 

では、全体的に、こけしの検索が増えているのか調べてみた。

調べる時はGoogle trendを用いた。

f:id:q2e2d2:20170518095325p:plain


実際のところ、検索キーワードの検索自体あまり爆発的に増えていない。


少区域別のベスト5をみると


1位: 宮城県
2位: 青森県
3位: 福島県
4位: 山形県
5位: 岩手県

 

という結果になった。

やはり、こけしは印象通り、東北が強いなと。

 

実際の検索数をキーワードプランナーで見てみると

f:id:q2e2d2:20170518100304p:plain

 

意外と、検索ボリュームが多く月に100万〜1000万検索されていた。

 

ライバルの広告をみると、あまり広告がない。

 

あまり広告がない場合、考え方が二つあって、

 

  • そもそもの市場やニーズがない
  • ライバルがやっていないからチャンスと捉えるか

 

伝統的なものなので、Web戦略をあまりやっていない可能性はある。

 

基本的にライバルがいたほうが、Webサイトは伸びやすいと思っている。

 

ライバルのいいところを参考にしつつ、自分の持っている強みを出していけばいいので。

 

一旦、マネタイズを考えず、いかにして記事が見られるのかを考えてみる。

 

コンテンツを作っていくのであれば、こけしの中にもいろいろな種類があるので、よく検索されているキーワードから、記事を作っていく戦略をとるかなと。

 

例えば

かわいい こけし など、よく検索されているので、

かわいいこけし、ベスト5みたいなタイトル記事を作っていくのがいいのかなと。

 

一旦こけしから離れて、外国人が喜ぶお土産

 

など。

 

Web戦略をたてるとき、人の悩みはお金を落しやすいです。

  • 病気
  • 結婚

など

 

嗜好品はなかなかお金を落しづらいです。

他にも、予防系はお金を落しづらいです。

 

今、困っているわけではないので。

 

そういう意味では、こけしのWeb戦略は長期的に、仮説と検証を繰り返していかないといけないなと。